英語が楽しいだなんて変態だ

This blog is the record of a learning TOEIC by a nice middle-aged man. Sorry for clickbait headline.

It's been near a year since restart to learn English

なんだか会社で英語の勉強を始めている人が増えてきているようです。簡単な日常会話なら聞き取れるようになって来たみたいと喜んでいる人や、団体割引で大量に問題集を買い込んでいる人や、いろいろ。

語学ってやつは残念ながら、朝起きたら突然できる人になっていた、というものではありません。そういう私も1年前くらいまでは、そう言った幻想を抱いていました。あのスピードラーニングのCMが言うように「ある日突然、英語が・・・」みたいに。だから、今自分ができないのはコップの水(学習量)がいっぱいになっていないからなのだとか・・・物凄い想像を働かせていました😂

現実は寧ろその逆で、アハ体験のように意識できないレベルでジワジワと変化がおきて、気がつくと何となく以前よりはマシになったカナ?と時折実感できる類のものです。しかも次の日あたりには、まだまだだった、と敗北感を味合うという、その繰り返し。

だから思うのです。結構できる人であっても「私はできるのよ」と思っている人って、少ないんじゃないかって。

「あなた英語できるでしょ?」

と尋ねられても、できる人もできない人も

「いやそれほどでも」

と答えるのではないかと。

取り留めもないことを書いてしまった 😝