英語が楽しいだなんて変態だ

This blog is the record of a learning TOEIC by a nice middle-aged man. Sorry for clickbait headline.

Beam of Hope

今日は「金のフレーズ」を300語ほどやっておいた。990点レベルを真面目に取り組んだのは今回が初めてだったのだが、実のところズダボロだった。過去に何周かしているハズなのに全く定着していなかった。それもそのはず、このレベルは毎回さっと流す程度で終わらせていたのだから。逆に言えば、きちんと何度か繰り返せば、他のレベルと同様に覚えられるということだ。改めて継続的にやることに意義を感じてしまった。

もう1つ、今日は発見があった。

TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問」の問題文や選択肢が凄く聞き取れるようになっていた、ということだ。これは「金フレ」をやっているせいではないと思う。同時に始めた暗唱+シャドーイングの効果じゃないかと思う。いや、もう少し正確に言えば暗唱の過程で、音声は再生せず、できるだけネイティブと同じテンポ、同じ発音になるよう何度も一人音読していたせいではないかと。過去にこんな事はしたことがなかった・・・

そうであればちょっと楽しくなってきた。もう少しいろいろ試してみようと思う。