英語が楽しいだなんて変態だ

This blog is the record of a learning TOEIC by a nice middle-aged man. Sorry for clickbait headline.

Spider

リスニングで流れる英語が良く理解できるときと、できない日があるのは何故か。「TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問」をやり出して、なんだか分かったような気がする。

もちろん、知らない単語や聞き違いしている単語ある場合は、当然ながら良く理解できる訳はないので、それは置いておく。

内容がスムーズに理解できるときは以下のことができているときだと思う。

 

①センテンス毎の出だしに強く意識が向いている

逆を言えばセンテンス全体を聞き取ってやるぞ!と意気込んでいるときは、かえって良く理解できない。肯定文の場合であればS+Vがばっちり捉えられたとき、その後の修飾語がいくら長くてもスムーズに理解が進む。Sに長い修飾が付くときがあるが辛抱強くVが登場するのを待つ。Vについても助動詞や態、時制を丁寧に拾う。

疑問文についても同様のことが言える。

 

②視界に刺激を入れない

これは昼休みに外を見ながら「TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問」をやっていて気付いた。つい動くものとか、見慣れないものを見つけてしまうと、全く意味がわからなくなってしまう。実際に対面で会話するシーンでは、これは致命的だが、まあ初心者はそんなものだ言うことで、割り切って眼下の机や問題用紙の1点を凝視しよう。

 

③リラックスして聞く

肩の力を抜いて耳から入ってくる音を撫でるように聞く。堰き止めるように聞こうとすると意味がわからなくなる。また、リラックスして聞くことで想像力が広がり、変な誤解をしていることに早く気付ける。

 

書き出して見ると甚だバカバカしいが、要はこんなことでリスニング力が左右されてしまうのだから、まだまだ修行がタランチュラ。