英語が楽しいだなんて変態だ

This blog is the record of a learning TOEIC by a nice middle-aged man. Sorry for clickbait headline.

Person inside

本日も予定通り金フレを200語、公式3の暗記&オーバーラッピングが終了。こんなんで良いのかという程度の勉強が数日続いている。TOEICが終わって、だらけてしまっている。

まあTOEICの点数は、ガリ勉してもそう簡単には上がらないので、継続こそ力なり、と思うことにする。

 

久しぶりに「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」をやってみた。シャッフルモードの「すべてのPart」をポチッと。相変わらずスラスラと流れるように口から英語は出てこない。

しかし深く考えずに何か言えるようになっている。ちょっとした驚き。解答とだいだい合っている。相変わらず時制がドンピシャとはいかないが、意訳から英語にすると、こんなもんだろう。

f:id:blossomyakumo:20181025215632p:plain

TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問」の設問に比べるとかなり幼稚な印象を受ける。しかし、その幼稚な文章すらスラスラでてこないのだから、私の中の人(英語脳)の練習には丁度良いのかもしれない。

There is no easy road to learning

「金のフレーズ」の修行2日目。予定通り400語を達成し、「600点レベル 助走の400語」が終わった。ここまでは完璧に覚えた。

やり方は、1回の学習問題数に「200問」、学習方法に「フレーズチェック+単語テスト」を設定している。なので計2回まわしていることなる。

それから、本日からリスニング力のアップの修行として、「公式TOEIC L&R 問題集3」のPart4の本文を暗唱できるほど読み込んでから、シャドーイングすることを始めた。今まで、わかったつもりでオーバーラッピングしていたんだなと気付く点もちらほら。

これをやると聞き逃していた音にも気付く。ちょっと面倒な学習方法だが、もしかして効果があるかもしれない。暫くこの方法を続けてみようと思う。

たぶんこれをとことん続けて、口が軽くなるまでやるのが王道なのかな、とも思っている。

Restart my learning

本日から3ヶ月後のTOEIC受験を目指して再スタート。

まずは語彙量を増やす、あるいは、確実なものにする修行を開始する。「金のフレーズ」を1日200語ずつ復習して7日で一回りすることを繰り返すことにした。暫くは丁寧に回して行こうと思うが、最終的には3日で一回りするようにしようと思う。

実は「金のフレーズ」は3時間ほどあれば一回りできる。休日に朝、昼、晩と1時間ずつやればできるのだが結構つらい。辛いと長続きはしない。その証拠に「金のフレーズ」は買ってから随分と経つが、まだ4~5周程度くらいしかしたことがない。

本日分は36分程で終了。まだまだ余裕だが、900点レベルになると200語はかなりつらい。なんとか3ヶ月で全体を余裕で回せるくらいの実力をつけたい。

Felt so free

TOEICテストが終わった。この解放感はたまらない!

この1年で3回目の受験だったが一番疲れた。テストが終わったあと、目の焦点が遠くに合わなかった。リスニング時もリーディング時も問題用紙を2時間ずーっと見続けていたのだから(笑)

手応えとしては、スコアは前回とあまり変わらないかもしれない。「TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問」や「文法特急」の効果や「公式TOEIC L&R 問題集3」を何周もやった効果は出たと思うが、やっぱり解答するスピードが全体的に遅い。しっかりと取り組めた分だけスピードが出なかった、つまりは塗り絵が多くなってしまったいうのが今回の印象だ。

それから、リスニングに集中するため、リスニングセッション中のマークは斜め線一本だけにしてリーディングが始まる直前に全部清書する作戦を取ったのだが、塗りつぶすだけに4分くらい掛かってしまった。

それに、リスニングの後半で集中力が切れてしまった。

 

なんだか、やっぱり(頭の)体力勝負って感じがする。普段の(頭の)走り込みが足りないのかもしれない。新しい取り組みをしなければ。

でも今日は疲れたから勉強しないぞ。キッパリ( ・ิω・ิ)

 

God helps those who help themselves

明日はTOEICテスト。

前日に何をしておけば良いのか。非常に困る。今日が終わろうとするときになって、これもしてば良かったとか、あれもしておけば良かったとか思ってしまう。

たぶん何をやっても無駄なのだが。何故なら忘却曲線というものがって1時間前に覚えたことすら半分以上忘れ、1日後に至っては7割以上忘れているのだから。せめて、ここ数ヶ月やっていたことを思い出し、自信だけは試験会場へ連れて行こう。

明日の夜からまたTOEICの勉強をはじめる私に書き残しておこう。たぶん、もっと効果的な勉強方法があるはずだ。以下をヒントに模索してくれ。

①オーバーラッピングやシャドーイングだけではなく暗唱も取り入れろ。丸覚えというのでもなく、頭の中で文章を組み立てながらアウトプットするイメージだ。

②教材以外の初めて聞く音声を少しの時間でもいいから毎日聞け。例えばTEDとか。

③語彙量を増やせ。とにかく増やせ。

がんばってくれ明日からの私。

 

Note to Self: Cheat sheet on Part 2

Part2が苦手でパッとしない点数しか取れない私が攻略方法をまとめてみた。

#ポジティブな攻略法

 ・出だしに傾聴→パターン判別(WH,Yes/No,平,否定,提案,依頼等々・・・)

 ・主語と時制、態を拾う

 ・目的語の人を拾う

 ・場所や時間帯を拾う(時間帯は選択肢と辻褄を合わせる為)

#ネガティブな攻略法(機械的な判断)

  ・WHでYes/Noで始まる選択肢は無視する(絶対ありえない)

  ・設問と似た音が含まれる選択肢は不正解と判断する
  (たまに正解もあるがそれは諦める)

 ・選択肢に答えがないと思ってしまったとき、
   ①「なんで?」と聞き返している選択肢を選ぶ。
   ②「○○さんが○○した」と答えている選択肢を選ぶ。
   ③「私もそう思う」と同調している選択肢を選ぶ。

 

残り106問はこれらを意識してやってみよう。

 

Study my butt off

今日は息子を車で隣町まで連れて行き、息子の用事が終わるまで、その町の運動公園で一人過ごした。昼食を挟み4時間ほど。まとめてこれだけ一人になれる時間はそうそうない。

明後日は社内でTOEICが実施されるので、もう勉強するしかない。

TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問」を死ぬほどやった。ほんと死にそう。やってもやっても終わらない…。

これの目次と問題数は以下の通り。

第1章 WH疑問文          154問
第2章 Yes/No疑問文         71問
第3章 平叙文             46問
第4章 否定・付加疑問文        41問
第5章 提案・依頼・勧誘・申し出    41問
第6章 選択疑問文           25問
応答問題模試(セット1~セット10)  250問

 

現時点で、あと106問ほどやれば応答問題模試を残すのみとなる。応答問題模試は今後ぼちぼちとやって行けば良いだろう。

f:id:blossomyakumo:20181020210140p:plain

設問自体が英会話の場面をぶった切ったような内容なので、状況を理解するのが難しい。しかし、ネイティブらは実際にこんな会話するだなぁと思ってしまった。昔、学校でならってたのとは違うぞ!